11時台

腕時計

11時台

さて問題です。

アナログ時計、1日24時間 長針と短針が重なる回数は?

ぱっと直観的に考えてしまうと、24回!と言ってしまいそうですが、

正解を先に言いますと、22回!!

これに気が付いたのは、アナログ時計のカレンダー機能が付いているモデルを見ている時。

24時ちょうどになると、カチッと日付が変わる機能を有するモデルの日付が変わる機能が

しっかりと作動するかのチェックをしていた時です。

モデルで言いますと有名なのは、ロレックスのDATE JUST デイトジャストその名の機能ですね。

機能のチェック方法は、リュウズをぐるぐる24時まで回し、24時位置ちょうど針が重なった所で、デイトがチェンジするか。モデルによっては、1、2時くらいまでかけてゆっくりと日付が動くモデルもございます。

針が重ならい、11時台

時計をよく見る機会がある私は、答えは知っておりました。答え以外で、違う観点でとらえる

キングコング西野さんの大変面白く、参考になる話をしていらっしゃいました。

時計の針というのは面白くて、長針と短針が追いかけ合いっこをして、毎時間重なることが約束されているのですが、11時台だけは、短針が逃げ切ってしまい、針が重ならないんです。

次に、二つの針が重なるのは、12時。

鐘がなる時刻です。

大きな結果が出る前に、堪え忍ぶ時間帯があるのは、きっと、僕も、あなたも、他の皆さんにもあって、それが時計でいうところの「11時台」だと自分に言い聞かせることができれば、

「大丈夫。針は必ず重なるから」

と言い聞かせることができれば、

少しは救われることがあるだろうな、と。

個人的にとても興味深く、引き込まれる内容でした。

原理で答えを出しますと、

長針(時針)が短針(秒針)を追い越すときに、2本の針は重なる。
1日の回転数は長針が24回、短針が2回である。重なる回転数をNとすると、
N=24ー2=22 となる。
よって答えは22回である。

同じ問に対して、視点をずらし見るとまるっきり別の考えや思いが湧いてきます。

私は、古物の仕事をする上で品物を扱い、弊社に商品がくるまでにどんな歴史があったのだろう、

どんな方が使用されていたのだろうなど、たくさん気になる所が出てきます。

ヴィンテージ時計などでは、裏フタを開けるとたいてい日付が記載されていたりします。これは、オーバーホール(修理)をした日がほとんどです。中には、職人さんだけがわかると思われる、個人のマークなんかが刻まれていたりもします。

ちょっとした事ですが、考えるととても面白いです。

1980年って書いてある!もう40年くらいたつな。Ⓢみたいなマークがあるな。んんん。職人さんは、佐藤さんかな、斉藤さんかな。さとしさんかな。

いろいろな観点で、古物商品と向き合っております!

ときばかり

ときばかり | ブランド腕時計やジュエリーアイテムの販売・買取
「時を計る」ヴィンテージアイテムは、多くの時を知る。ときばかりは、価値のあるブランド腕時計やジュエリーアイテムを取り揃え、販売、買取をさせて頂いております。谷中、根津、千駄木、通称 谷根千 へび道の近く、文京区千駄木にひっそりと店舗を構えております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました